大津バイパスで軽乗用車が柱に衝突 38歳男性が死亡 【高知】

高知市の県道で軽乗用車が道路脇の柱に衝突し運転していた38歳の男性が死亡しました。

事故が起きたのは2日午前1時10分ごろ高知市大津バイパスでした。東に走行していた軽乗用車が反対車線にはみ出し渋滞状況をセンサーで調べる車両感知器の柱に衝突。運転していた南国市の会社員・中野内和彦さん(38)が全身を強く打ち死亡しました。中野内さんは飲食店での仕事を終え帰宅途中だったとみられています。

現場は当時、雷を伴って強い雨が降り1時間雨量は高知市で28ミリを記録しました。

今年、県内での事故による死者は33人と前の年の同じ時期に比べ8人増えています。