四万十市が一転 四万十川のメガソーラー建設は不許可 【高知・四万十市】

カテゴリ:地域

多くの住民が反対していた四万十川のそばに太陽光パネルを設置する計画について四万十市が許可しないと発表しました。

今年、再び持ち上がった四万十市三里地区の四万十川沿いにある8.3ヘクタールの敷地にメガソーラーを建設する計画。四万十市には計画に反対する1万人以上の署名が集まっていました。

29日、四万十市が会見を開き「建設を不許可にした」と発表しました。最も大きな理由は今年の台風19号のような「想定外の災害」です。

四万十市・中平正宏市長

「いつ何時四万十川においてそういう水害があるかわからない。パネル流出について判断した結果、難しいという判断になった」

四万十市は建設を予定していた業者に28日付けで不許可を伝えています。