旧盆 石垣島で伝統行事のアンガマ 珍問答に笑い

カテゴリ:地域

石垣島では伝統行事のアンガマが始まり、あの世とこの世の珍問答で集落には笑い声が響いた。

八重山のアンガマはあの世の使いとされるおじいさんのウシュマイとおばあさんのンミーが、ファーマーと呼ばれる子孫を連れて集落の家々を回り、祖先を供養する旧盆の伝統行事です。昨夜、新城良政さんの自宅を訪れたアンガマ一行は、無病息災と子孫繁栄を祈る歌と踊りを捧げました。そして一番の見どころは、集まった人たちからの質問に答えるあの世とこの世の珍問答。

「グソー(あの世)に行く5カ条」は何かと聞かれたウシュマイは・・・

▽ウシュマイ「一つ、西まくらすること二つ、逆さ水すること」

▽Q逆さ水とは?

▽ウシュマイ「グーグル先生で調べて」「おじいちゃんとおばあちゃん時間限られているから」

▽女の子「何で歯が一本しかないんですか?」

▽ウシュマイ「わ、(君も)歯ないね」「おじいちゃんの歯あげようか?」「ほら見てごらんあのおばあちゃん、歯ないよ毎日おいしいものばっかり一人で食べてね歯も磨かない毎日食べて磨かない、ああなるよ」

アンガマは15日まで行われる。