800回以上にわたり騙され 1500万円特殊詐欺被害 大分

カテゴリ:地域

騙された回数は、およそ850回。被害総額はおよそ1500万円に上っています。大分市の高齢男性に嘘のメールが届き、金を騙し取られる特殊詐欺事件が発生しました。詐欺にあったのは、大分市内に住む70歳の男性です。警察によりますと、2019年7月、男性の携帯電話に「当選おめでとうございます」とメールが届きました。男性がメールに記載されたインターネットのページを開いたところ、「余命がないので財産32億4500万円を受け取ってほしい」「受け取るには ポイントが必要」などと書かれていました。電子マネーを購入して利用するための番号を教えるとポイントが得られることになっていて、男性はコンビニエンスストアの端末で電子マネーを購入。利用権を騙し取られたということです。2019年7月から2020年2月5日までの間に騙されて電子マネーを購入した回数はおよそ850回。被害総額はおよそ1500万円に上っています。警察が特殊詐欺事件として捜査しています。