古くなった校舎をピカピカに 小学生がペンキ塗りに挑戦 【高知】

カテゴリ:地域

高知市の小学生が古くなった学校の壁をピカピカに生まれ変わらせました。

築50年以上の古くなった校舎をペンキできれいに塗ろうと参加したのは春野西小学校の6年生40人です。このペンキ塗り体験は11月16日の「いいいろの日」に合わせて日本塗装工業会の県支部が毎年、県内の小中学校で企画しています。

使うのは、はけとローラー。廊下の壁の細かいところと広いところで道具を使い分けます。子供たちはペンキ塗りは初めての体験でしたが1時間の頑張りのおかげで廊下の壁は隅から隅まできれいになりました。夢中になりすぎたのか数人の髪の毛には白い跡が刻まれています。

今回の体験を通して子どもたちは学校への愛着が増したようでした。