チャーター機第2便で武漢から帰国の大分市職員 大分市「帰宅に関してコメントできない」 

カテゴリ:地域

1月30日に日本に到着した政府チャーター機の第2便。210人の乗客の中には、中国の武漢市で語学研修を行っていた大分市の職員も含まれていました。このうち国の施設などに滞在している199人の再検査の結果が13日判明するとみられていて、感染が確認されなかった人については13日にも帰宅できる見通しです。一方で帰国者の中には体調不良を訴え入院している人もいて、大分市では男性職員が帰宅できるかどうかについては本人のプライバシーを理由に答えられないとしています。