柏崎市長「お粗末」 柏崎刈羽原発"異常あり"と誤伝達 東京電力が謝罪【新潟県】

カテゴリ:地域

東京電力が18日の地震発生直後、柏崎刈羽原発に「異常がある」と誤って県内の自治体に伝達したことを受け、柏崎刈羽原発の設楽所長が19日、柏崎市の櫻井雅浩市長に謝罪しました。

18日の地震発生直後、東京電力が県内の自治体に送ったFAXでは、柏崎刈羽原発1号機から7号機の使用済み燃料プールを冷やす電源に、実際には異常がないのに「異常がある」と誤って記載していました。

柏崎市の櫻井市長は「お粗末である。抜本的な改善策を講じてもらいたい」と抗議。

櫻井市長は東京電力が再発防止策を講じない限り、再稼働の条件としている廃炉計画を受け取らない考えを示しています。