国内最高峰トラックレース 全日本自転車選手権が開幕 代表目指し地元選手も躍動 静岡・伊豆市

カテゴリ:地域

自転車競技の日本代表選考会を兼ねた全日本選手権大会が8日から伊豆市で始まりました。

自転車トラックレースの国内最高峰の大会で、世界を相手に戦う代表チームの選考会も兼ねています。

2018年は国内の大会で上位の成績を納めた約150人が参加し、21の種目でスピードを競います。

8日はパラサイクリングが行われ、掛川市出身で先月ロードレース世界選手権で金メダルを獲得した野口佳子選手やリオパラリンピックに出場した伊豆の国市の川本翔大選手などが力強い走りを見せてました。

大会は9日まで行われます。