複数回床に落とし…生後3か月の長女殺害 長岡市職員の母親を逮捕 育児の悩みも【長岡市】

カテゴリ:地域

長岡市の自宅で生後3か月の長女を床に落とし殺害した疑いで12日、警察は長岡市職員の31歳の母親を逮捕しました。

殺人の疑いで逮捕されたのは、長岡市職員の伊藤法子容疑者(31)です。

伊藤容疑者は12日午前11時ごろ、自宅で生後3か月の長女・光ちゃんを複数回床に落とす暴行を加え殺害した疑いがもたれています。

長岡市によりますと、伊藤容疑者は人権・男女共同参画課に所属し今年1月から出産と育児のため休んでいました。

伊藤容疑者は調べに対し「間違いありません」と容疑を認めていて「育児に悩んでいた」という趣旨の供述をしているということです。

長岡市は13日会見を開き、伊藤容疑者が市に「夜泣きで眠れない」「心療内科を受診したい」など育児の相談していたことを明らかにしました。

警察は、伊藤容疑者が突発的に犯行に及んだ可能性があるとみて詳しい経緯を調べています。