「東京五輪が早く始まらないかとわくわく」 伊藤美誠選手が地元磐田に卓球台など寄贈

カテゴリ:地域

卓球の伊藤美誠選手が地元・磐田市に卓球台や車いすなどを寄贈しました。

2年後の東京オリンピックへの意気込みも語りました。

伊藤選手は地元に貢献しようと、これまで小学校に和太鼓を、市役所に車いすなどを寄贈していて、今回はさらに図書館や体育館に車いす3台や卓球台1台を贈りました。

伊藤選手が「たくさんの人に使ってもらいたい」と目録を手渡すと、渡部修市長は「いつもありがとうございます」とお礼を述べました。

また、渡部市長が「2年後の東京オリンピックも金メダルを狙って頑張って下さい」と激励すると、伊藤選手は「期待に応えられるよう頑張ります。早く始まらないかとわくわくしています」と笑顔で答えていました。