長岡市で生後3か月の乳児死亡 事件と事故両面で捜査【長岡市】

カテゴリ:地域

長岡市で生後3ヶ月の乳児が死亡していたことが捜査関係者への取材でわかりました。

12日午前10時半ごろ、長岡市の住宅で生後3ヶ月の乳児が心肺停止の状態になっているのを家を訪れた祖母が見つけ119番通報しました。

その後、乳児は長岡市内の病院に運ばれましたが死亡が確認されました。

捜査関係者によりますと、乳児は母親によって廊下の床に落とされて心肺停止の状態になったとみられています。

警察は事件と事故の両面で捜査しています。