佐渡市で社団法人が計画 放射性汚泥 再利用工場断念へ【佐渡市】

カテゴリ:地域

佐渡市鷲崎地区にある観光施設の跡地に県内で発生した放射性セシウムを含む汚泥などからセシウムを分離し再利用する工場を建設すると計画していた一般社団法人・佐渡市発展推進会。

10日、地域住民に対し計画についての説明会を開くことにしていましたが、会場に集まった住民が反対の意思を伝え説明を受けることを拒否しました。

これを受け佐渡市発展推進会は計画を断念する方針を決定。

計画では分離したセシウムをレントゲン用の機器として販売するほか工場に併設する形で観光振興のためのリゾート施設を建設するなどとしていました。