日銀熊本支店「穏やかに拡大している」8カ月連続で判断を据え置き

テレビ熊本 地域

日銀熊本支店は11日、熊本県内の景気について、地域や業種によって厳しさは残るものの復興需要を背景に「穏やかに拡大している」と去年10月以来、8カ月連続で判断を据え置きました。

そして、これからの県内経済について倉本勝也支店長は、熊本地震から2年が経ち今後は「フェーズが変わる」とし、公共、家計、企業など項目別に見たときに、なかでも企業がいかに「復旧」から「再構築」にシフトしていくかが大事なポイントになるなどと話しました。