長崎に新たに誕生する銀行の名称は「十八親和銀行」で最終調整

テレビ長崎 カテゴリ:地域

来年10月、十八銀行と親和銀行の合併で誕生する新銀行の名称が「十八親和銀行」で最終調整が進んでいます。早ければ、週明けにも決定され発表されます。

銀行関係者によりますと、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と十八銀行は、来年10月、十八銀行と親和銀行の合併で誕生する新しい銀行の名称を「十八親和銀行」とする方針を固めたということです。地元で親しまれてきた名称を残すことで、地域密着の姿勢をアピールする狙いがあります。新しい銀行の本店は、長崎市の十八銀行本店の所在地となる見込みです。2つの銀行の合併を前に、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)と十八銀行は4月1日に経営統合し、システム統合に向けた準備を加速させます。新しい銀行の名称などは、早ければ今月19日にも発表されます。