長崎・佐世保市の高齢3兄弟転落死は「無理心中」か 容疑者死亡で書類送検

テレビ長崎 カテゴリ:地域

去年5月、佐世保市の県営住宅で高齢の男性兄弟3人が転落して死亡した事件で、警察は兄弟の真ん中にあたる74歳の男が2人を転落させた上、自殺したとして、容疑者死亡のまま、殺人の容疑で13日書類送検しました。

この事件は去年5月、佐世保市松原町の県営住宅・泉福寺団地で12階に住んでいた70歳から77歳までの男性3人の兄弟が転落して死亡したものです。

警察は兄弟の真ん中にあたる74歳の無職の男が2人を転落させた上、投身自殺をしたとして、容疑者死亡のまま殺人の疑いで書類送検しました。

KTNのこれまでの調べで、殺害された2人は佐世保市内の障害者施設に通っていたことが分かっていて、警察は74歳の男が兄弟3人でのこれからの生活への不安などを感じて犯行に至ったとみています。

近くに住む人は「そうなる前に早く手を差し伸べるべきだったのでは」と話しています。

また、この地区の公民館長は、二度と同じ様な悲劇を起こさないための活動に取り組んでいて、「電気がついていない、新聞がたまっているなど変化があった時に、私たちに連絡してもらう、何か気づこうとやっている」と話しています。

警察は自宅に犯行をほのめかすような男のメモが残っていたことや、鑑識結果や現場の状況などから、11階と12階の間の踊り場付近から転落させて殺害したとみています。