「春の佐賀洋蘭展」はじまる 140点の洋蘭が一堂に

サガテレビ カテゴリ:地域

春を感じさせる洋蘭の展示会が13日から佐賀市で始まった。洋蘭展は、愛好家でつくる佐賀洋蘭会が毎年春と秋の2回開催している。春だけで52回目となる今回、会員17人が丹精込めて育てたカトレアやパフィオ、コチョウランなど140点が出品された。

最高賞・佐賀市長賞を受賞した小城市の水田清子さんが育てたカトレアは、多くの花が咲いているうえ、花一つ一つが大きいことが高く評価された。

「春の佐賀洋蘭展」は2月18日まで。佐賀市の佐賀玉屋本館の隣、玉屋ビルで開かれており、期間中は洋蘭の即売も行われる。