大雨で濁流か 陸自演習場で2人死亡

カテゴリ:地域

5日、小山町にある陸上自衛隊の演習場で施設を管理する作業員2人が死亡した。

死亡したのは東富士演習場で施設管理を担当する72歳と68歳の男性作業員。

自衛隊によると2人は市街地を想定した訓練場の補修を担当していて5日は隊員4人と作業を行っていた。

しかし天候が悪いため午後4時すぎに作業を中断して車で帰ることになり、その後行方が分からなくなった。

夜10時ごろ発見された時2人は演習場に倒れた状態で、その後死亡が確認された。

乗っていた車は見つかっていない。

演習場の斜面は大雨で濁流となっていたということで自衛隊と警察が詳しく調べている。