富山湾の神秘 ホタルイカ漁始まる

富山テレビ 地域

3月1日、富山湾に春を告げるホタルイカ漁が解禁された。

富山県滑川市の滑川漁港では、午前3時半に6隻の漁船が沖合約2キロに設置された定置網の漁場へ向け出航した。海上は心配されたうねりもなく、順調に漁がスタート。漁師たちは手際よく網を引き揚げ、ホタルイカを追い込んでいった。

この日の漁は、定置網4か所で行われ、初水揚げ量は過去10年間で最も少ない6キロに留まった。このため、浜値は1キロあたり1万5500円と、前年の初水揚げより3500円も高くなったということだ。漁の関係者は「今後に期待したい」と話していた。

富山県水産研究所は、今年は海水温の上昇が早く、漁期が短くなる可能性があり、シーズンの総漁獲量を平年の1855トンの6割程度にあたる1100~1200トンと予想している。

ホタルイカ漁は、4月から5月にかけて最盛期を迎え、6月ごろまで続く。