鳥栖市長選 一騎打ちの選挙戦スタート

サガテレビ カテゴリ:地域

任期満了に伴う鳥栖市長選挙が10日告示され、現職と新人の合わせて2人が立候補した。

鳥栖市長選挙に立候補したのは、届け出順にいずれも無所属で、新人の元鳥栖市市民環境部次長、槙原聖二(まきはら・せいじ)さん54歳と現職で4選を目指す橋本康志(はしもと・やすし)さん63歳の2人。

【無所属・新人 槙原聖二氏】「12年間何も変わらなかった停滞した鳥栖の現状を一刻も早く前に進めないといけない私の若さとスピード感、実行力を持ってひとつひとつの課題に向き合って解決に向けて取り組んでいきたい」

【無所属・現職 橋本康志氏】「様々なハードウェア。これをしっかりと整備していく中で、皆さんが元気に活動できる場子供たちを元気に育てる場。それをこれからどうやってつくっていくかということに考えを巡らせております。手を取り合いながら、九州の中心として発展していくようなそういった基盤をつくって参りたいと思います」

鳥栖市の有権者は9日現在で、5万8331人。鳥栖市長選挙は、今月17日に投票と開票が行われる。