地上イージス配備巡り 防衛省が秋田県議会と秋田市議会に説明 「秋田は配備できる可能性は高い」

秋田テレビ 地域

秋田市に配備が検討されている地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」について、県議会と秋田市議会は14日相次いで全員協議会を開き、防衛省の担当者から説明を受けた。県議会への説明の中で、防衛省は夏以降に行う調査で「配備が可能という結果になる可能性が高い」との見方を示した。

県議会の全員協議会は、14日午前11時から始まり、はじめに防衛省 戦略企画課の五味 賢至課長が「イージス・アショア」の配備の必要性や配備候補地の選定理由などを説明し、夏以降に現地調査に入ることへの理解を求めた。このあと 各会派の代表による質疑が行われ、秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が最適候補地となった明確な理由を求める声が相次いだ。

防衛省 戦略企画課の五味賢至課長は「例えば電波の影響とか住民生活に影響を与え得るような要素について調査・検討したところ、問題ないという結論が出たので、配備候補地となり得ると結論づけた」と説明した。

また 夏以降の調査で配備地が変わる可能性があるかとの質問に対しては、「大きな不具合があれば、配備できないという結論に至る可能性がゼロではないが、これまで検討してきた状況を鑑みると、そのような結果になる可能性は低い。配備できる可能性は高いと考えている」と答え、秋田への配備の可能性が高いとの見方を示した。

協議会では、説明不足で県民に恐怖を与えているとの批判の声もあがったものの、防衛省側は詳細な調査の徹底と丁寧な説明に務めることを繰り返した。