警察署が津波に襲われたら? 容疑者を屋上へ 伊東警察署で避難訓練

カテゴリ:地域

9月1日の防災の日にむけて警察でも訓練が行われ、海岸に近い伊東警察署では署員が容疑者を屋上に避難させる手順を確認しました。

訓練は県警が毎年防災の日に向けて、各警察署がある地域の特性に合わせて行っています。

海岸に近い伊東警察署では、大津波警報が発表された想定で、署内の留置施設にいる容疑者役の署員をすみやかに屋上に避難させる訓練が行われました。

また停電によって点灯しなくなった信号の代わりに、手信号で交通整理をする訓練も行われました。

伊東警察署 山下副署長

「住民の安全安心を守る事も必要ですが、警察官の安全も守ってゆくと言う事で、日ごろから訓練を実施して実際に災害があった場合に行動がとれるようにやっています」

県の総合防災訓練は、9月2日に静岡市をメイン会場に行われます。