有機フッ素化合物検出問題「早急に国内基準値の設定を」 嘉手納基地周辺水源の汚染

カテゴリ:地域

米軍基地周辺の水源から検出された有機フッ素化合物やヘリの部品落下問題などを受けて12日、沖縄県玉城知事は岩屋防衛大臣と面談した。

健康への影響が懸念されるPFOSなどが検出された問題について、玉城知事は県民に不安が広がっていると早急に水源や水道水の有機フッ素化合物の基準値を設定するよう要請した。

岩屋大臣は軍との因果関係は現時点で確認されていないと前置きした上で、嘉手納基地への立ち入り検査に応じるよう求めているが返事は無いと説明した。

玉城知事「調査ための立ち入りを求めておりますし、それからその土壌などの採集も認めるようにと今回も申し入れておりますが、それが一向に実行されておりません。実行されないものが改善されているという環境にあるということは認められません」

また玉城知事は浦添市の中学校にヘリコプターの部品が落下した問題について、全ての航空機の緊急点検とその間の飛行中止などを強く求めた。