沖縄県 豊漁と航海の安全を祈願する伝統行事 糸満ハーレー

カテゴリ:地域

旧暦の5月4日ユッカヌヒーです。うみんちゅのまち・糸満では、伝統行事・「糸満ハーレー」が行われました。

およそ450年の歴史を誇る糸満ハーレー。毎年、旧暦の5月4日に航海安全と豊漁を祈願する伝統行事です。集落の名誉を掛けて行われる御願バーレーでは西村・中村・新島による熱い戦いが繰り広げられ西村が序盤のリードを守り切り勝利しました。また、恒例のアヒル取り競争も行われ、観客からは笑い声や拍手が上がりました。▽捕まえた人は『今年も取りましたよ』Qアヒルはどうする?『食べます』糸満ハーレー、もう一つの目玉は・・・▽與古田遼記者『糸満ハーレーのもう一つの見所クンヌカセーが今始まりました』「転覆競争」とも呼ばれるクンヌカセーはサバニをレースの途中でひっくり返し、いかに早く体勢を立て直せるかが勝敗を左右します。終盤は中村と西村の一騎打ちとなりましたが最後に中村が頭一つ抜け出し接戦を制しました。▽応援していた人は『独特なものでいいと思いますけどね本当に素晴らしいと思います』▽中村を応援していた女性『もう最高でした感極まるくらい本当に最高な糸満魂を感じます』海人のまちのエネルギー溢れる伝統行事に、糸満漁港は今年も歓声と熱気に包まれました。