食育・花育センター 数十年に一度 "キンメイチク"が開花 花が知らせるある合図とは【新潟市中央区】

カテゴリ:地域

新潟市中央区の食育・花育センターで「キンメイチク(金明竹)」と呼ばれる竹が花を咲かせました。

キンメイチクはイネ科に属すことから、花は稲が垂れ下がるように無数に咲いています。

開花するのは数十年に一度で、食育・花育センターでは初の開花だということです。

花を見た人は「初めて見てびっくり。花びらを想像していた」と、その変わった花の姿に驚いていました。

実は、この開花は生まれ変わりの合図。

開花したキンメイチクは枯れて無くなりますが翌年には新たな芽が出て生まれ変わるということです。