工場を開放し着物の魅力を発信 【十日町市】

カテゴリ:地域

新潟県十日町市で16日、きもの工場を一般に開放する「職人探訪 十日町きものGOTTAKU」が始まりました。

着物を身近に感じてもらおうと去年から始まったこのイベントにはことし十日町市のきものメーカー12社が参加。

参加企業のひとつ「青柳」で注目されていたのは染色液の中に生地を入れた桶ごとつけて染色する桶染です。重さ30キロの桶を90℃の染色液の中で揺らすと生地が綺麗な紫色に染まっていきました。

見学に訪れた人は「着物は高いと思ったがいろいろ工程を見るとすごく手間がかかっている。納得。」と話すなど、普段は見られない着物職人の技に魅了されていました。