沖縄県浦添市の幹部職員が女性に暴行か

カテゴリ:地域

浦添市役所に勤める50代の男性幹部職員が飲食店で女性客に暴行を加えた疑いがあるとして、市は謝罪し事実関係を把握した上で厳正な処分を下すとしています。浦添市松本哲治市長「今回は、本市幹部職員による不適切な行為により、ご本人様をはじめ関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。」市によりますと今年3月に市内の飲食店で50代の男性幹部職員が夫婦で食事をしていた40代の女性の頭をカウンターに抑えたり胸を触るといった暴行を加えた疑いがあるということです。事件の翌日に被害を受けた女性の夫から市に連絡があったことで発覚しました。当時、50代の男性幹部職員はかなり酒に酔っていたということで、店内では他に市の職員や市議ら10人以上で飲食をしていたということです。警察は被害者から事情を聞き調べを進めていて、市は事実関係を把握したうえで男性幹部職員への厳正な処分を下すとしています。