竜巻か 屋根瓦飛び 窓ガラス割れる… 浜松市の住宅被害 気象台が現地調査 

カテゴリ:地域

台風20号が県内に接近した23日夜、浜松市で住宅の屋根が飛ぶ被害がありました。

竜巻が発生した恐れがあり、気象台が24日朝から現地で調べています。

24日、被害を受けた現地に到着し、調査を始めた気象台の職員4人。

23日午後6時45分頃、浜松市南区遠州浜の遠州浜団地で、7棟の住宅や倉庫の屋根瓦が飛ばされたり、窓ガラスが割れる被害が出ました。ケガをした人はいません。

被害にあった家の人

「バラバラっていう音がして出てみたら、外に今だいぶ片付いてるけど、木のくずとか、お隣さんが言うには、それがうちの壁に刺さってたみたいで」

当時、浜松では8.4メートルの風が吹いていました。

気象台は、竜巻が発生した恐れがあるとして、24日の朝から職員を現地に派遣して、被害状況の確認や被害を受けた住宅の住民から聞き取りを行うなど、詳細について調べています。