浜松で竜巻か 「バラバラと音がして外に出てみたら・・・」 瓦が飛びガラス割れる 気象台が現地調査へ

カテゴリ:地域

台風20号が接近する中、23日夜浜松市南区で複数の住宅の屋根が飛ぶ被害がありました。

竜巻が発生した恐れがあり、気象台が調べています。

若山悠介 記者

「風の影響で屋根の瓦がめくれているのがわかります。隣の住宅には木材や瓦などが散らばっていて、影響の大きさがうかがえます」

午後6時45分頃、南区遠州浜で「屋根が飛んだ家が何軒かある」と通報がありました。

消防などによりますと、遠州浜団地の7棟の住宅や倉庫で、屋根瓦が飛ばされたり窓ガラスが割れる被害が確認されています。ケガをした人はいません。

被害があった家の住民「バラバラっていう音がして、外に出てみたら木のくずが壁に刺さってたみたいで」

気象台によりますと、当時浜松では8.4メートルの吹いていました。

風の強い状態はあす明け方までつづきます。

気象台はあす現地に入り竜巻が起きたか調査します。