梅雨寒で『風邪』が流行 ご注意を…石川県内の12日最高気温は各地で平年より3-4度低く

カテゴリ:地域

 今年の梅雨。石川県内では“寒さ”が目立ちます。12日も最高気温が各地で平年を下回りました。この梅雨寒、いつまで続くのでしょうか?

 梅雨入りから6日。石川県内は気温の低い日が続いています。12日の最高気温も各地で平年より3度から4度低くなりました。

 そんな梅雨寒の中、金沢市内では『金沢スイカ』が初出荷を迎えました。出荷されたスイカは3800玉。

 今年は気温の変化が激しく、生産量の減少が懸念されていましたが、ほぼ平年並みで出来は上々とのことでした。

 取材を続けると影響が出ていたのは農作物ではなく“私たち”であることが分かりました…。

医師:

「春風邪が流行っています。気温が寒く、冬の風邪の症状が出ています」

 全国的な梅雨寒、体調管理に注意が必要です。