ドローンや県の防災ヘリも サクラマチクマモト開業後初の消防訓練を実施 熊本

カテゴリ:地域

オープンから2カ月を迎えようとしているサクラマチクマモトで8日、初めての消防訓練が行われました。「3階の飲食店の厨房で開店前に出火」との想定で、テナント代表で作る『自衛消防組織』が初期消火に当たりましたが失敗して消防に通報。従業員は階段を使って屋外へ避難しました。西消防署のポンプ車など7台と48人の隊員が、5階に取り残された1人をはしご車を使って救助。ドローンを使って逃げ遅れがないを調べ、県防災消防ヘリ『ひばり』も低空飛行して全体の状況を確認しました。作元研一館長は「一番は、従業員一人ひとりに防災意識、安全安心の意識をつけてもらわないといけない。人の命を守るためにどう動くかが建物管理者の責務」と話していました。