イージス・アショア配備巡り秋田県と秋田市が「住民説明会」開催を申し入れ

秋田テレビ 地域

地上配備型のミサイル迎撃システムイージス・アショアの配備先として秋田県秋田市新屋の自衛隊演習場が検討されていることを巡り県と秋田市は5日現地調査の前に住民説明会を開くよう東北防衛局に申し入れた。

宮城県仙台市にある東北防衛局を訪れたのは秋田県の神部秀行総務部次長と秋田市の柿﨑武彦総務部長。

防衛省は今月1日秋田県と秋田市に対し国内に2基導入する予定のイージス・アショアの配備先の一つとして秋田市の陸上自衛隊「新屋演習場」を「最適候補地」と位置付け夏以降に現地調査を行う方針を示しました。

県の神部次長と秋田市の柿﨑部長は東北防衛局の北川高生企画部長らと面会し現地調査の業者を選ぶ手続きに入る前に地元住民などへの説明会を開くよう正式に文書で申し入れた。

そして配備の必要性や緊急性健康への影響などを国から丁寧に説明してもらいたいと話しできるだけ早い対応を求めた。

文書を受け取った北川部長は「住民の方々の不安を払拭するには丁寧に説明しなければならないと思っている。いつ説明会をやるかというタイミングについては本省のほうで検討しているので今回地元から要望があったということも含めて早急に本省に伝えたい」と話した。

一方で県の神部次長は「調査に入ってなし崩し的に配備候補地に決定し配備されると着手=そこまで進んでしまうという心配をしている住民も多い。ちゃんと調査した結果でもって候補地を決めるにあたっては判断する機会があるとかそういう点について直接住民の方に説明していただきたい」と望んだ。

県と秋田市は段階に応じて説明会を開き丁寧に対応してもらいたいとしている。