県立高校の基金を横領した事務長を懲戒免職 熊本県教委

カテゴリ:地域

県教委は高校の基金から約260万円を横領したとして鹿本商工高校に勤務する赤星浩一主任事務長(57)を6日付で懲戒免職処分としました。県教委によりますと、同事務長はおととし8月からことし3月にかけて、当時勤務していた八代高校のPTAや同窓会から集めた基金から約260万円を横領したということです。ことし4月、鹿本商工に異動した際に基金の口座の通帳を持ち出し、返却を求められたことなどから発覚。県教委の聞き取りに対して「借金返済やパチンコなどに使った」と話しており、ことし7月までに全額返済したということです。当時の八代高校の校長2人も戒告処分を受けました。