新幹線の中に凶器を振り回す男、どう乗客を守る? 乗務員が緊迫の訓練 盾を持って犯人説得

テレビ静岡 カテゴリ:地域

新幹線の安全性を高めるため、初めての試みです。

6月に起きた殺傷事件を受け、JR東海は22日、三島市で盾やさすまたを使った実践的な不審者対応訓練を行いました。

犯人役の男の怒号が響く新幹線の車内。

乗客役「凶器持ってるぞ。みんな逃げろ」

今年6月、神奈川県内を走行中の新幹線で、乗客3人が男に刃物で刺され1人が死亡する事件が起き、安全対策が大きな課題となっています。

警察官が防護品の使い方を説明したあと、車内で座っていた男が凶器を振り回したという想定で訓練が行われました。

乗客からの非常通報を受け駆けつけた乗務員が、盾で身を守りながら不審者の説得を試みます。

乗務員「お客様落ち着いてください。おやめください。凶器を下してください」

犯人役「うるせー!!」

そして、車内に乗っていた警備員や駆けつけた警察官が、男の身柄を取り押さえました。

また、事件を受けて新幹線の車内に置かれるようになった装備品も公開されました。

防護盾やさすまたといった装備品は、今月から順次新幹線に搭載されています。

JRはケガをした人を手当てする医療用具についても、年内にすべての新幹線に搭載する方針です。

JR東海 新幹線鉄道事業本部 田中守本部長 

「訓練を重ねてより練度を上げて、こういう防護品を使用することによって、更なるお客さんの安全確保をできるように努力をしていきたいと思います」

今後、巡回する警備員の増員や警察との連携強化も進め、安全性の向上につなげていきたいとしています。