長崎・平戸で春の訪れを告げる「野焼き」

テレビ長崎 カテゴリ:地域

 平戸市の川内峠で、10日、春の訪れを告げる野焼きが行われました。

 パチパチと音を立てながら広大なススキの草原に炎が広がっていきます。平戸市の川内峠で行われた「野焼き」です。前日に降った雨の影響が心配されましたが、例年通り2時間半ほどで、およそ30ヘクタールを焼き尽くしました。野焼きは、山火事の防止や新芽の発芽を促すことが目的で、春の訪れを告げる風物詩として親しまれていて、ことしも多くの見物客で賑わいました。川内峠では、野焼きのあとワラビやゼンマイなどが芽を出すということです。