テコンドー4きょうだいも!長崎県スポーツ表彰

テレビ長崎 カテゴリ:地域

去年から今年にかけスポーツの分野で優秀な成績を残した選手たちが表彰されました。中には、きょうだい4人でテコンドーをしているという選手の姿もありました。

県スポーツ表彰式は長崎市内のホテルで開かれ、155人の個人と、27団体が受賞しました。世界レベルの大会で好成績を残した選手に贈られる「県スポーツ特別賞」。陸上短距離の島原高校2年、池田成諒選手は、去年10月、アルゼンチンで開かれたユースオリンピックで(追い風参考)100メートル10秒30の記録を残し、銅メダルを獲得しました。

島原高2年 池田成諒さん「ことしは100m10秒2、200m20秒7をアベレージとして出していくことで、去年やってきたことにもつながる。そこは必ず実行します」

同じく県スポーツ特別賞の ボウリング・原口優馬選手。地元企業で働きながら、平日は1時間半ほどの練習だと言いますが、去年8月、世界ユース男子チーム戦で3位となりました。

ボウリング 原口優馬選手(チョープロ)「長崎のために結果を残したい気持ちが自分は強いので、結果を残せたことは自分の自信につながる」「力が入っているように見えて力が入っていないんで、自分のリズムで投げることが大切」

西海市に住む杉村4きょうだいは、揃ってテコンドーをしています。うち3人が全国大会で日本一になるなど「県スポーツ奨励顕彰」を受賞です。

長女 杉村真生選手(中2)「今で頑張ってきたことが成果に出て長崎県を表彰されてとてもうれしい」

三女 星唯菜 さん(小3)「蹴ったときに点数が入ったところ」

Qつばさくんが好きなところは? 長男 飛翔 くん(小1)「蹴りの練習をしているところです」

式では、池松教育長が来年の東京オリンピック・パラリンピックも見据えて頑張ってほしいとエールを送っていました。