沖縄県北谷町 米兵が日本人女性を殺害後自殺か

カテゴリ:地域

13日北谷町のアパートで日本人の女性とアメリカ海軍兵の遺体が見つかった事件で、司法解剖の結果、女性の腕には抵抗した際に出来たとみられる傷があったことが分りました。13日北谷町・桑江のアパートで、刺し傷のある44歳の日本人女性とアメリカ海軍の32歳の兵士が遺体で見つかりました。司法解剖の結果、女性の腕には抵抗した際にできた複数の切り傷があり、警察は死亡していた海軍兵が女性を殺害したあと自殺したと見て捜査を進めています。女性が勤めていた職場の関係者は「とにかく明るい人でみんなの指導役として優秀な人だった」と話しています。その一方で、交際関係にあった海軍兵に別れ話を切り出したところ「豹変して怒り出した」と周囲に悩みを漏らしていたといいます。また今年1月には憲兵隊から通報を受けた警察が女性と面談したところ、死亡した海軍兵から「別れ話の際にわいせつな行為を受けた」と相談を受けていて、警察が保護を申し出ましたが、「憲兵隊に対応を任せている」として女性から被害届は出ていませんでした。警察は15日、海軍兵の司法解剖を実施し、下半身に集中した刺し傷による出血が死亡の原因と特定し海軍兵が自ら命を絶った可能性が高いと見ています。今後、現場で見つかった刃物についた指紋の鑑識結果や二人の間にあったトラブルの内容を調べ、海軍兵による殺人事件として立件するかどうか判断する事にしています。