南砺市利賀で伝統の「初午」

富山テレビ カテゴリ:地域

富山県南砺市利賀村では伝統行事の「初午」が行われ、子どもたちが家々を回り、五穀豊穣を祈りました。

江戸時代から南砺市利賀村に伝わる「利賀の初午」は、五穀豊穣や家内安全を願う伝統行事で国の選択無形民俗文化財に指定されています。上村地区では、地区の内外から参加した児童9人が民家などを回り、馬の舞を披露した後、俵を転がして引き寄せる「俵ころがし」を披露し、五穀豊穣を祈りました。上村地区では他の地区の子どもの力も借りながら、初午を続けていきたいとしています。