三島駅前に高層ビル計画 景観・地下水への影響は? 三島駅南口再開発めぐり市長が市民に説明 

カテゴリ:地域

三島市が進めている駅南口の再開発で、景観や地下水への影響を懸念する声があがっている東エリアについて、19日夜、市民を対象とした説明会が開かれました。

東エリアの再開発は、商業施設やマンションの建設を提案したミサワホームを代表とする企業体が、最優秀提案者として選ばれています。

19日夜の説明会では、市長や市の担当者がこれまでの経緯や計画の概要を説明しました。

会場からは賛成する声が聞かれた一方、地下水への影響を心配する声や建物の高さは変更ができるのかといった質問が出ました。

市の担当者は、専門家を交えた地下水検討委員会を開くこと、建物の高さは事業者との協議で柔軟に対応できることを説明し、理解を求めました。

市は24日の市議会でも説明を行い、早期に事業者と協定を結びたい考えです。