イージス・アショア配備候補地の秋田県秋田市に防衛省が初めて説明

秋田テレビ 地域

地上配備型のミサイル迎撃システムイージス・アショアの配備を巡り1日初めて防衛省が秋田県と秋田市に説明に訪れた。そして秋田市の自衛隊の演習場を最適候補地として夏以降に調査を始めたい考えを示した。

県庁を訪れたのは防衛省の福田達夫防衛政務官で防衛省が国内に2基導入することにしているイージス・アショアについて初めて国の基本的な考えを佐竹知事と穂積秋田市長に説明した。

福田政務官は「秋田市内にある新屋駐屯地を最適候補地として調査を始めたい」と話したほか秋田市新屋にある陸上自衛隊の演習場を候補地とした理由について日本海側からの脅威に対応できること

レーダーが遮られない環境であることなどを挙げた。その上で「近くに住宅地がある。それをしっかり捉えた上で影響を与えないためにどうすればいいか。このことを含めた調査をしたいと考えている」とことしの夏以降に地盤や電波状況などの調査を始めたい考えを示した。

これに対して 佐竹知事はまず「今回のイージス・アショアの配備は特定箇所への恒久的な固定型ミサイル基地の整備という事案。移動型PAC-3の配備などとは異なる初の国内事案。地域住民の不安は大変大きいということを認識してもらいたい」と住民の不安の大きさを認識するよう求めた。

また候補地の選定についても「今後予定されている調査は候補地を選定するのではなく配備を前提とした実地調査のように受けとめられかねない」と疑問を呈した。

そして県と秋田市が調査開始前に防衛省が直接住民に説明する機会を設けるよう要望したのに対し福田政務官は説明終了後「特に新屋の場合は、非常に近くに住宅地も学校もある。こういうことへの影響も含めての調査なので調査内容も含めて皆さんに説明する。そういう機会は多く設けたいと思っている」と話した。

一方説明を受けた穂積秋田市長は「きちんと思ったことを実行に移してほしい。それが信頼感の基本だろうと思うのでこれからの防衛省側の行動、対応を見てみたい」と今後の動向を見守っていく姿勢を示した。

県と秋田市は早期の住民説明会開催を求める文書を今月中にも防衛省に送る方針。