高校生がクライミング全国優勝を報告

サガテレビ カテゴリ:地域

東京オリンピックの正式種目スポーツクライミングで12月、全国の高校生が集う大会で優勝した多久市の女子高校生が10日、市役所を訪ね結果を報告した。

市役所に横尾市長を訪ねたのは、多久高校2年の樋口結花さんと1年の掛林紗衣さん。

2人は12月に埼玉県で開かれた全国高等学校選抜スポーツクライミング選手権大会に出場し、6分の制限時間内で登った壁の高さを競うリード競技の女子団体で優勝した。

2人は「落ち着いて大会に挑むことができてよかった」などと振り返った。

【多久高校1年・掛林紗衣さん】「(今後の目標は?)ユースの大会で決勝に残れる選手になりたい」

【多久高校2年・樋口結花さん】「(今後の目標は?)ワールドユースまでいくこと」

樋口さんは26日と27日に、東京で開かれるボルダリングジャパンカップに出場する予定。