16年連続日本一へ 冷凍網ノリの摘み取りが本格化

サガテレビ カテゴリ:地域

日本一のノリの産地・有明海で12月張り込まれた冷凍網ノリの摘み取りが本格化していて、10日夜も漁業者が作業に追われていた。

【川浪リポート】「午後8時半過ぎの有明海です。冷たい風に吹かれながら2人一組で手際よくノリを摘み取っています」

冷凍網ノリの摘み取りは7日から始まり、昨夜も佐賀市川副町の戸ヶ里漁港から5キロほど離れた沖合では漁業者が作業に追われていた。

ノリは太陽の光で光合成をするとエネルギーを使って栄養素が低くなってしまうため、夜や早朝に摘み取られる。県有明海漁協によると、西部地区の一部に赤潮がみられ色落ちが心配されているが、現段階では順調に生育しているということだ。

【ノリ漁業者 古賀恵一さん】「出来はまずまず。佐賀県のノリなんでおいしさは間違いない。16年連続日本一を目指して頑張っていきたい」

今シーズンは販売枚数18億5000万枚、販売額231億円を目標に16年連続日本一を目指していて、冷凍網ノリの初入札会は25日に予定されている。