歩きながらスマホで列車と衝突したら…VR使った踏切事故の疑似体験会 JR西日本金沢支社

カテゴリ:地域

 春の全国交通安全運動に合わせ、バーチャルリアリティ=VRの映像を使って踏み切りでの事故の怖さを体感するイベントが金沢市内でありました。

 VRを使ったこの体感イベント。踏切内での事故防止を狙いにJR西日本金沢支社が初めて開きました。参加者はVRが映し出されるゴーグルを装着して体感します。

 VRで再現されているのは、歩きながらスマートフォンを使用している間に気付かず踏切内に入り、列車との衝突事故に遭う場面です。

(リポート)

「実際に事故に遭ったようでした。踏み切りを渡るときは注意が必要だと実感しました」

 VRとはいえ、実際の事故さながらの体験です。

担当者:

「VRを使って疑似体験することで理解を深めてほしいです。踏み切りを渡るときは一旦停止と左右確認を」

 JR西日本金沢支社は今後もVRを使ったイベントを通して事故防止に努めたいとしています。