九州新幹線長崎ルートをめぐり両県知事が意見交換

サガテレビ カテゴリ:地域

九州新幹線長崎ルートをめぐり、佐賀・長崎両県知事は、武雄温泉・新鳥栖間の整備方式について国が責任を持って方向性を出すべきとの考えで一致した。国は今年度中にも、フル規格かミニ新幹線かの方向性を示したい方針だ。

山口知事と意見交換したのは、長崎県の中村法道知事。意見交換は非公開で行われた。

両県知事によると、財源や並行在来線についてなどそれぞれの考えや課題を話したうえで、フリーゲージトレインの開発を断念した国に、責任を持って整備方式の一定の方向性を示してもらうことで考えが一致したということだ。

【長崎県・中村知事】「県民の大半がフル規格を希望していますので、可能性をゼロにしないでこれからも議論を続けていきたい。その点についは了解をいただいた」

【山口知事】「この問題の打開は、国の方として様々な選択肢を示すべきではないかというところについては、一致しています。少なくとも2県だけで(答えを出す)というのは難しい道のりだと思います」

両県は今後も意見交換をしていく方針。

また、関係者によると国は年度内にフル規格かミニ新幹線かの結論を出すことを目指している。