地域の足は住民主体 自主運行バス発車オーライ

カテゴリ:地域

静岡市清水区の両河内地区で、地元住民を中心としたNPOが4月から自主運行バスを走らせることになり式典が行われた。

自主運行されるバスは清水区の和田島地区や両河内地区を走る路線など3系統。

記念式典には田辺市長や自治会の役員など約50人が出席し運行開始を祝った。

山あいにある両河内地区は住民約3000人の4割ほどが高齢者。

民間企業がバス路線の廃止を決めたため住民がNPOを立ち上げた。

自主運行バス「ココバス」は住民の要望に応えるためバス停や運行本数をこれまでの倍以上に増やし4月2日に運行を始める。