鳥取市 砂の美術館が開幕

山陰中央テレビ 地域

鳥取市の鳥取砂丘・砂の美術館で「北欧」をテーマにした砂像展が14日開幕した。世界9カ国・19人の彫刻家が約2500トンの砂を使って、北欧をテーマに歴史や文化、自然を表現した22作品を完成させた。会場には、人魚姫やマッチ売りの少女の砂像に、北欧生まれのアンデルセン童話を砂で表現した作品が並ぶ。この砂像展は来年1月6日までで50万人の来場者を見込んでいる。