みずみずしさ・香りが特長 春が旬!"曽野木きゅうり"をPR【新潟市】

カテゴリ:地域

これから出荷の最盛期を迎える「曽野木きゅうり」の試食会が新潟市中央卸売市場で16日、開かれました。

新潟市江南区曽野木地区で栽培されている「曽野木きゅうり」は、みずみずしさと香りが特長。

今年は天候にも恵まれ、去年よりも多い110トンの出荷を見込んでいます。

曽野木ハウス組合の中野辰雄組合長は「今が一番旬。とにかく多くの人に食べてもらって新鮮な曽野木のきゅうりを喜んでもらいたい」と話しました。

「曽野木きゅうり」は5月末に出荷のピークを迎え、6月下旬まで出荷される見込みです。