愛媛で免許無しで自分でフグ調理し フグの毒で食中毒

テレビ愛媛 カテゴリ:地域

免許がないのにフグを自分で調理して食べた愛媛県新居浜市の女性が手や口のしびれなどフグの毒による食中毒になっていたことがわかりました。フグの毒の食中毒になったのは、新居浜市の80代の女性で、今月8日の午前8時半ころ知人が釣ったフグをもらって自分で調理、皮を味噌汁に入れ食べたということです。女性はその後手や口などにしびれなどを訴え、市内の病院でフグの毒のテトロドトキシンが検出されたということです。現在、女性は快方に向かっているということです。女性は県が条例で定める「ふぐ取扱者」の免許を持っていませんでした