愛媛で逮捕された医薬品無許可販売の男ら 限度額高いほど多くのポイント還元でカード利用勧める

テレビ愛媛 カテゴリ:地域

医薬品を無許可で販売していたなどとして逮捕された松山市の健康食品販売会社の男らは、プリペイドカードを発行し入金の限度額が高いほど多くのポイントが還元されるシステムで会員にカードの利用を勧めていたことがわかりました。

医薬品を無許可で販売した疑いで逮捕された松山市の「オハナ生活倶楽部」の社長橋本哲容疑者(63歳)らは、自社で発行したプリペイドカードの残高が基準額を超えたのに国に届けを出さなかった資金決済法違反の疑いももたれています。警察によりますとプリペイドカードはチャージ式で入金限度額などが異なる5種類があって限度額が高いカードほど多くのポイントが還元される仕組みになっていました。チャージ額はあわせて約33億円にのぼると見られています。