「ビアフェス」が2年ぶりに開催 長野・松本市

長野放送 カテゴリ:地域

長野県松本市の松本城公園で「ビールフェス」が、2年ぶりに開催し、初日から大勢の人でにぎわった。

松本城公園で14日から始まった「ビアフェス信州」は、長野県内外22社のクラフトビール、およそ100種類が楽しめるイベント。2014年に始まった「ビアフェス」。2017年は、松本市の公園管理の内規に基づき、市教委が自粛を求め、開催されなかった。しかしこの内規は、「『規模が拡大しないよう』自粛を求める」との主旨で、市が解釈を誤っていたことがわかり、その後、内規自体を廃止。今年は無事、開催され、訪れた人たちは喜んでいた。実行委員会も「去年は残念だったが、公園の使い方を考える期間になったと今では思う。連休にぜひお越しいただきたい」と話す。

「ビアフェス」は17日まで松本城公園で開かれ、ビール1杯につき10円を松本城の整備のために寄付するという。