県庁に北海道地震支援の義援金箱 長野

長野放送 カテゴリ:地域

最大震度7の揺れに襲われた北海道を支援しようと、長野県庁などに14日、義援金箱が設置された。

県庁では1階ロビーの受付に箱が置かれた。長野県は、東日本大震災や熊本地震、西日本豪雨など大規模災害が起きるたび義援金を募っていて、これが5つ目の義援金箱となる。北海道では地震から1週間以上たっても断水や停電が続く地域があり約1400人が避難生活を強いられている。

観光への影響も深刻という。義援金箱は当面は来年3月まで、県庁や合同庁舎、銀座ながのなど12ヵ所に置かれ、寄せられた募金は日本赤十字社を通じ被災地に送られる。